グーグルの独自チップ「Tensor」は、スマートフォンのセキュリティに重要な進歩をもたらした

グーグルが発売したスマートフォンの最新モデル「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」には、独自開発のプロセッサー「Tensor」が搭載されている。このチップによる複雑な機械学習アルゴリズムの処理は数々の新機能をもたらしたが、実はセキュリティにおいても重要な進歩を遂げている。

TEXT BY LILY HAY NEWMANTRANSLATION BY YUMI MURAMATSU

WIRED(US)

グーグルのスマートフォンの最新のフラッグシップモデル「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」は、これまでのところ手堅い評価を得ている。これは一部には、独自開発したプロセッサー「Tensor」のおかげだ。

グーグルはアップルと同じように、さまざまな機能を集積してシステムとして機能させるシステム・オン・チップ(SoC)を社内で設計し、動作速度や効率性を高めている。快適な動作や終日もつバッテリーなど称賛すべき点は多数あるが、Tensorにはあまり声高に訴求されていない利点がある。それはセキュリティだ。

スマートフォン用チップを独自開発しているのはグーグルだけではなく、ここ数年は業界全体のトレンドになっている。企業はハードウェアからファームウェア、ソフトウェアまですべて制御することで、社外のパートナーに頼る必要がなくなるのだ。

グーグルではTensorを社内で開発したことで、Pixel 6とPixel 6 Proの5年間のセキュリティアップデート保証といった大きな進歩を成し遂げた。これは業界標準の3年間よりも長くなっている(アップルは旧モデルのiPhoneを最大7年間サポートしているが、OSのアップデートに伴うもので事前に公言はしていない)。

ハッキングのコストを可能な限り高く

Tensorを搭載したことによるPixel 6とPixel 6 Proのセキュリティとプライバシー面の大きなメリットには、一部あまり目立っていないものがある。それは、Tensorに加えて同じくグーグルが設計したセキュリティチップ「Titan M2」がデータ処理をサイロ化し、機密情報を保護する仕組みと関連している。

さらに「Android 12」では、プライバシーの透明性を高める機能とセキュリティ保護機能が新たに追加された。これらを組み合わせることで、攻撃者がPixel 6とPixel 6 Proをハッキングするコストを可能な限り高くすることが目標だったと、Pixelの開発チームは説明する。

「これはバグがまったくないということでも、ハッキングが不可能であるということでもありません。しかし、ハッキングのコストは上昇し続けています」と、グーグルでAndroidのセキュリティとプライバシーエンジニアリングを担当するバイスプレジデントのデイヴ・クライダーマッハーは語る。「オープンソースの戦略が“必勝法”であることが、さらに明白になってきていると思います」

こうした戦略はアップルのiOSにおける閉鎖的なエコシステムとは対照的で、実際のところアップルは確かにセキュリティの問題を抱えるようになってきている。Androidも同じように苦戦してはいるが、サードパーティー製のスマートフォンにも対応するという課題もある。

グーグル以外のスマートフォンメーカーは、自社の端末のOSとして独自バージョンのAndroidを搭載している。つまり、セキュリティやプライバシーに関するアップデートがあっても、すべてのデバイスでタイムリーに実施されるわけではない。