仮想通貨「Worldcoin」は、ベーシックインカムを実現できるか

地球上のすべての人に仮想通貨を無料で配るプロジェクトを、起業家で投資家のサム・アルトマンがスタートさせた。「Worldcoin(ワールドコイン)」と名付けられたコインを世界的で公平な分散型の電子通貨に進化させる構想で、その先にはある種のユニバーサル・ベーシックインカムへの発展も視野に入っているという。

TEXT BY GIAN M. VOLPICELLITRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

起業家で投資家のサム・アルトマンは、地球上のすべての人に金銭を無料で配りたいと考えている。厳密には現金ではなく、仮想通貨(暗号通貨、暗号資産)だ。その高尚な目標にふさわしく、通貨の名は「Worldcoin(ワールドコイン)」と名付けられている。

アルトマンが共同創業者として2021年に開始した今回のプロジェクトは、アンドリーセン・ホロウィッツやCoinbase Venturesといった有力なベンチャーキャピタル(VC)から10月中旬までに2,500万ドル(約28億5,000万円)を調達した。

これほどの資金調達が可能だった背景は、仮想通貨ブームだけではない。一部にはファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)という理想が重要な意味をもっている。アルトマンは、地球上のすべての人に仮想通貨を少しずつ分け与えることでネットワーク効果を引き起こし、Worldcoinを世界的で公平な分散型の電子通貨に進化させられると考えているのだ。

コイン保有者が2年以内に10億人に?

アルトマンは人工知能(AI)の研究で知られるOpenAIを率いており、かつてシリコンバレーのアクセラレーターとして有名なYコンビネーターの最高経営責任者(CEO)だったことで知られる人物である。そんなアルトマンは今回のWorldcoinについて、その概念はまだ検証できていないのだと言う。

「多くの小学生は(すべての人に金銭を無料で分け与えることが)いいアイデアだと思っています」と、アルトマンは言う。「けれどもわたしが知る限り、名案だという意見はあっても、それを実現するための本格的な計画はこれまでひとつもありませんでした」

この新たな仮想通貨と同じ名称のスタートアップであるWorldcoinは、このほどステルスモードを脱して動き始めた。そして今後、Worldcoinの仮想通貨を請求する人が、2年以内に10億人になるという極めて大胆な予測を出している。

さらにアルトマンは、この仮想通貨がより野心的な事業への第一歩になるだろうと考えている。「Worldcoinは、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)のプロトタイプに関する新しい考えを世界に示すことができるかもしれません」

Worldcoinのプロモーション資料には、同社が誕生した背景が説明されている。資料によると、仮想通貨技術が世界的なレベルで採用されると「数十億人に社会的・経済的なチャンスが生まれる」ことから、UBIが重要な役割を果たすことになる──という信念に基づいているという。一方で、ビットコインやEthereum(イーサリアム)といった主要な仮想通貨の採用が、世界規模で展開されていないと指摘している。

ブロックチェーン分析企業TripleAの調査によると、2021年の時点で世界人口の3.9%に当たる3億人が仮想通貨を保有しているという。仮想通貨のこうした分布状態は、確かに公平ではない。巨額の投資資金をもつ少数の人々が、まるでクジラのように巨大な存在となって全世界のビットコイン供給量の少なくとも70%を支配しているからだ。

これに対してWorldcoinは「公平な通貨」であり、「かつてなく大規模な金融ネットワークを構築するチャンス」なのだと、アルトマンは語る。