秋篠宮ご夫妻、車いすマラソンの選手らとご交流

大分国際車いすマラソンに出場した選手らと懇談される秋篠宮ご夫妻=21日午後、東京都港区の赤坂東邸(宮内庁提供)
大分国際車いすマラソンに出場した選手らと懇談される秋篠宮ご夫妻=21日午後、東京都港区の赤坂東邸(宮内庁提供)

秋篠宮ご夫妻は21日、お住まいのある赤坂御用地(東京都港区)と大分県をオンラインでつなぎ、同県で開催された「第40回記念大分国際車いすマラソン」の閉会式に臨席し、選手らと交流された。

これに先立ち、ご夫妻は同日午前、同大会のレースをご視聴。午後に行われた閉会式に秋篠宮さまはライブでお言葉を寄せ、この大会が「全ての人々が輝く共生社会を象徴するイベントとして、今後もますます輝き続けていかれること」を願われた。

その後、お二方で大会に出場した選手らとご懇談。宮内庁によると、ご夫妻は競技用車いす「レーサー」の特徴や使い方、普段の練習の様子などについて質問されたという。