鍵山2連勝でファイナルへ 佐藤2位、フィギュア仏杯

男子で優勝した鍵山優真のフリー=グルノーブル(共同)
男子で優勝した鍵山優真のフリー=グルノーブル(共同)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、フランス杯最終日は20日、グルノーブルで行われ、男子は18歳の鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)が合計286・41点をマークし、今季GP2連勝でシリーズ全6戦の上位6人で争われるファイナル(12月・大阪)に進出した。前日のショートプログラム(SP)に続き、フリーも185・77点で1位。GPで通算3勝目。

SP4位で17歳の佐藤駿(フジ・コーポレーション)がルッツ、フリップの4回転ジャンプを決めたフリーで3位となり、自己ベストの合計264・99点でGP初の表彰台の2位に入った。

鍵山優真の話「演技後半がひどくて、気持ちや根性が足りなかった。脚がきつかった。どちらかというとすごく悔しい」

佐藤駿の話「GPで表彰台が目標でもあったので、達成できてとてもうれしい」(共同)

>鍵山GP2連勝も「悔しい」