管弦楽1万2千人で演奏 ギネス登録、ベネズエラ

ギネス世界記録を目指してチャイコフスキーの曲を演奏する人々=13日、ベネズエラ・カラカス(AP=共同)
ギネス世界記録を目指してチャイコフスキーの曲を演奏する人々=13日、ベネズエラ・カラカス(AP=共同)

ベネズエラの音楽教育プログラム「エル・システマ」で育成された青少年らの管弦楽団が1万2千人以上で一斉に演奏し、「世界最大のオーケストラ」として20日にギネス世界記録に登録された。ロシアで8千人以上が同時に演奏した記録を破った。ベネズエラのメディアなどが報じた。

演奏は首都カラカスの士官学校の中庭で13日に行われ、チャイコフスキーの「スラブ行進曲」などを披露。演奏中、約300人の審査員が記録のための規定が守られているかチェックした。

エル・システマは貧困層の子どもが無償で音楽を学べるベネズエラの教育プログラム。一流の音楽家を輩出、非行防止にもつながり、世界的に注目されてきた。

エドゥアルド・メンデス代表は「ベネズエラの子どもや若者が受けた(記録の)認定を大変光栄に思う」と述べた。(共同)