女性用マンション侵入 容疑の警視庁警部補を逮捕 のぞき目的

警視庁外観=東京都千代田区
警視庁外観=東京都千代田区

女性の部屋をのぞく目的で女性専用マンションの敷地内に侵入したとして、警視庁は邸宅侵入容疑で、警視庁警護課の警部補、大和田峰志(たかし)容疑者(42)=東京都調布市=を現行犯逮捕した。大和田容疑者は「女性が住んでいる部屋をのぞくため」と容疑を認めている。

逮捕容疑は20日午後11時ごろ、調布市内の女性専用マンションの敷地内に侵入したとしている。

人事1課によると、大和田容疑者は警護課で施設警備担当をしていた。20日は非番で昼頃に帰宅し、家族が寝た後に自宅近くにあるマンションに自転車で向かったという。

このマンションでは、今月に入って不審者の目撃情報があり、マンションの管理人の男性が調布署に相談していた。20日は管理人の男性が不審な男が入ってきたのを確認して同署に連絡。駆け付けた同署員が大和田容疑者を現行犯逮捕した。

大和田容疑者は、数日前にも同じマンションでカーテンの隙間から女性の裸が見えたとして、「また見れるのではないかと思った」とも供述しているという。