ひなちゃんパパの家族レシピ

サバのケチャップあん炒め

サバのケチャップあん炒め
サバのケチャップあん炒め

秋の味覚、サンマは記録的な不漁が続いています。小ぶりでも値段が高めですね。同じ青魚のサバに目をつけたのですが、ひなちゃんはあの独特のクセは大丈夫かな?

「トマトケチャップを使ったあんを絡ませて、炒め物にするのはどうかしら」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生がすすめてくれました。

カラフルな野菜と、冷蔵庫にあった厚揚げも合わせて、ボリュームたっぷりの炒め物にしてみました。

サバのおろし身は1センチ幅に切って、片栗粉をまぶしつけます。

「厚くつけてしまうと焦げやすくなって、食感もかたくなってしまうから薄くつけるのがポイントよ。余分な粉は、はたいて落としてね」と江上先生。

まずサバを両面こんがりと焼いて、いったん取り出します。キッチンペーパーでフライパンを拭き、野菜を炒めたところで厚揚げを加えて、サバを戻し入れます。ケチャップあんの合わせ調味料を加えて、全体を絡ませるように炒めると、おいしそうなとろみがつきました。

早速、温かいうちにいただきます。ちょっと甘めの酢豚風の味付けに、サバのクセがうまくマスキングされて気になりません。厚揚げのやわらかな食感と、野菜のシャキシャキした食感がよく合っています。ママもひなちゃんも、せっせと箸を動かしています。

江上先生はこんなアレンジも教えてくれました。「サバの代わりに、鶏の唐揚げを使ってもおいしいの」


《材料・3人分》

サバ(二枚おろしの身)……1枚

厚揚げ…………½枚(100グラム)

タマネギ………………………50グラム

ピーマン………………………2個

パプリカ(黄)………………⅓個

長ネギ…………………………10グラム

ショウガ……………………1かけ

トマトケチャップ、しょうゆ、酢、砂糖、片栗粉、サラダ油

《作り方》

❶サバは1センチ幅に切る。

❷厚揚げは縦に半分に切ってから1センチ幅に切る。

❸長ネギ、ショウガはみじん切りに。

❹ピーマン、パプリカ、タマネギはそれぞれ2センチ角に切る。

❺ケチャップ大さじ2、酢、しょうゆ各大さじ1、砂糖小さじ1を混ぜる。

❻①に薄く片栗粉をまぶしつける。

❼フライパンにサラダ油大さじ1を熱して⑥をこんがりと焼き、取り出す。❽⑦のフライパンを軽く拭いてサラダ油大さじ1を熱し、③をさっと炒めて④を加え、炒め合わせる。②を加え、⑦のサバを戻し入れて⑤で調味し、全体に絡ませる。器に盛る。