小林陵、開幕戦で2位 スキーW杯ジャンプ男子

個人第1戦で2位に入った小林陵侑=ニジニタギル(共同)
個人第1戦で2位に入った小林陵侑=ニジニタギル(共同)

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は20日、ロシアのニジニタギルで開幕して個人第1戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が128メートル、131メートルの合計243・7点で2位に入った。

中村直幹(フライングラボラトリー)も130メートル、128・5メートルと好飛躍をそろえ、230・2点で自己最高の4位に食い込んだ。カール・ガイガー(ドイツ)が134・5メートル、133メートルの252・4点で通算10勝目を挙げた。

佐藤幸椰は10位、小林潤志郎は11位、伊東大貴は15位、佐藤慧一(以上雪印メグミルク)は29位だった。(共同)