米、比船妨害の中国に警告 「公船攻撃なら防衛義務」

米国務省のプライス報道官(ロイター)
米国務省のプライス報道官(ロイター)

南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島で現地時間16日に中国海警局の船がフィリピンの民間船の作業を妨害した問題を受け、プライス米国務省報道官は19日「フィリピンの公用船が武力攻撃を受ければ、(米国のフィリピン防衛義務を定めた)米比相互防衛条約を発動することになる」との声明を発表し、中国に警告した。

プライス氏は声明でフィリピンへの支持を表明し、南シナ海での中国の主権主張を否定した2016年の仲裁裁判所の判断に中国は従い、フィリピン側の合法的な活動に干渉すべきではないと指摘。「中国の不法な主権主張が地域の平和と安全を損なっている」と批判した。

米フィリピン両国は15、16両日、米国で外務・防衛当局による戦略対話を開き、共同声明で「中国による南シナ海でのフィリピンの漁業やエネルギー開発への嫌がらせは違法だ」と中国を非難していた。(共同)