近鉄特急「スナックカー」がラストラン 快適さ追求、英女王も乗車

多くの鉄道ファンに見送られ、大阪上本町駅を発車する近鉄特急「12200系」=20日午前、大阪市天王寺区(永田直也撮影)
多くの鉄道ファンに見送られ、大阪上本町駅を発車する近鉄特急「12200系」=20日午前、大阪市天王寺区(永田直也撮影)

「スナックカー」の愛称で長年親しまれ、今年2月に定期運用が終了した近畿日本鉄道の特急車両「12200系」が20日、ラストランを迎えた。大阪上本町駅(大阪市天王寺区)での出発式には多くのファンが集まり、デビューから約半世紀にわたって活躍した車両の最後の雄姿を見届けた。

12200系は、昭和45年の大阪万博に向けた輸送力増強などを目的に、44年からの8年間で近鉄特急車両としては最多の168両が製造された。オレンジと紺のツートンカラーが特徴で、主に大阪と名古屋、伊勢志摩を結ぶ主力車両として長年活躍した。

リクライニングシートや電子レンジ、洋式トイレを備えるなど、快適さをアピールして競合する東海道新幹線に対抗。初期の車両には軽食を提供するスナックコーナーを設置したことから、「スナックカー」の愛称で親しまれた。伊勢神宮(三重県伊勢市)を参拝する皇族も利用され、50年には来日した英エリザベス女王を「貴賓列車」として乗せたこともある。

12200系はこの日、午前11時半過ぎに大阪上本町駅のホームに入線。駅長の合図で賢島駅(同県志摩市)に向けて出発した。ホームには大勢のファンが集まり、写真を撮ったり手を振ったりして別れを惜しんだ。

ラストランツアーに乗車した三重県鈴鹿市の松村武士(たけし)さん(52)は「(昭和44年製造の)12200系とは同い年。新しい特急が増えた最近はこの古い車両にあたるとがっかりすることもあったが、いよいよ引退なので寂しい」と話した。