女子1000メートルで高木美2位 小平3位 スピードスケートW杯第2戦

女子1000メートル 2位の高木美帆=スタバンゲル(共同)
女子1000メートル 2位の高木美帆=スタバンゲル(共同)

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦第1日はノルウェーのスタバンゲルで行われ、女子1000メートルは第1戦に続き高木美帆(日体大職)が1分15秒01で2位、小平奈緒(相沢病院)が3位に入った。ブリタニー・ボウ(米国)が2連勝。

男子1000メートルは山田将矢(日本電産サンキョー)が1分8秒87で5位、小島良太(エムウェーブ)が6位。トマス・クロル(オランダ)が優勝した。

女子5000メートルは押切美沙紀(富士急)が7分8秒05で9位、佐藤綾乃(ANA)が12位。高木美は格下のBクラスで7分7秒80の4位だった。(共同)