花巻東、九国大付など8強 明治神宮野球大会が開幕

【高校野球明治神宮野球大会・花巻東対国学院久我山】1回 先制本塁打を放ち三塁を回る花巻東・佐々木麟太郎=神宮球場(斎藤浩一撮影)
【高校野球明治神宮野球大会・花巻東対国学院久我山】1回 先制本塁打を放ち三塁を回る花巻東・佐々木麟太郎=神宮球場(斎藤浩一撮影)

第52回明治神宮野球大会は20日、神宮球場で開幕して1回戦が行われ、各地区秋季大会優勝の10校で争う高校の部は初出場の花巻東(東北)と九州国際大付(九州)が準々決勝に進んだ。11校が参加する大学の部は神奈川大(関東2)が8強入り。

花巻東は1年生の佐々木がソロ本塁打など3打点を挙げる活躍で、国学院久我山(東京)に6―3で逆転勝ち。九州国際大付は三回に中上の適時三塁打などで3点を先制し、クラーク(北海道)を5―1で下した。

神奈川大は六回にスクイズで勝ち越し、2―1で龍谷大(関西2)に競り勝った。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった。