現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

教科書が教えない 拉致問題

(4)女工作員が主導 残された謎 被害者リストになかった曽我さん 一緒に襲われた母いまだ消息不明 編集長・中村将

帰国した拉致被害者の曽我ひとみさん=平成14年10月15日、羽田空港(斎藤浩一撮影)
帰国した拉致被害者の曽我ひとみさん=平成14年10月15日、羽田空港(斎藤浩一撮影)

平成14(2002)年9月17日夜、日朝首脳会談を終えた北朝鮮・平壌で、政府関係者のブリーフィング(状況説明)が始まった。

「『生存』しているのは蓮池薫さん、奥土(現・蓮池)祐木子さん、地村保志さん、浜本(現・地村)富貴恵さん、それにこちら(日本)から所在確認を依頼していない方1人…」

記者らは慌てふためいた。日本政府が認定する拉致被害者リストに入っていない人物が含まれていたからだ。その被害者が新潟県真野町(現・佐渡市)出身の曽我ひとみさん(62)だと確認するまでに2、3日はかかったと記憶している。

ランキング

  1. 【産経抄】5月26日

  2. 【主張】謎の4300万円 金の流れに疑念を残すな

  3. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  4. 【主張】北のICBM発射 世界に弓引くのをやめよ

  5. 【正論モーニング】防衛費拡充は「火事場泥棒」なのか? 今こそ周辺有事に備える議論を

  6. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  7. 【浪速風】はじめてのおつかい

  8. 【産経抄】5月25日

  9. 【ソロモンの頭巾】温暖化より怖い寒冷化 低下続く太陽活動と異常気象の気になる関係 長辻象平

  10. 【ソロモンの頭巾】長辻象平 ヒラメの応援団 処理水海洋放出「安心」に一役

会員限定記事