競泳池江が五輪イヤーの実戦終了 「中途半端な夏」

レースを終えて取材に応じる池江璃花子
レースを終えて取材に応じる池江璃花子

競泳の東京五輪代表、池江璃花子(ルネサンス)が20日、東京都豊島区の東京スイミングセンターで行われた競技会の女子50メートル背泳ぎを29秒37で制し、今年の実戦を締めくくった。「(4月の日本選手権4冠で)本当にいい形で始まったが、中途半端な形で夏を終えた。悔しい気持ちもある」と総括した。

白血病から復活して挑んだ東京五輪はリレー種目のみに出場したが、好タイムを出せなかった。4月に五輪代表切符を得てからは新型コロナウイルスの影響もあって個人練習が多くなり「周りに誰もいない中で練習するのがすごくつらくて、練習に身も入らずにずるずると引きずった」という。今後へ「一番は練習を頑張るしかないなと改めて思った。来年の世界選手権やパリ五輪へ向けて泳いで頑張るだけ」と決意を示した。