帝京大が明大破り6連勝 関東大学ラグビー対抗戦

後半、タックルする帝京大・照内寿明(左)と青木恵斗=秩父宮ラグビー場(撮影・加藤圭祐)
後半、タックルする帝京大・照内寿明(左)と青木恵斗=秩父宮ラグビー場(撮影・加藤圭祐)

ラグビーの関東大学リーグの対抗戦は20日、東京・秩父宮ラグビー場などで3試合が行われ、帝京大が明大に14―7で競り勝ち、6戦全勝とした。3連覇を目指す明大は初黒星で5勝1敗となった。筑波大は27―20で立大に、日体大は32―17で青学大に勝った。

帝京大はWTB高本とのトライなどで前半を14―0で折り返すと、後半は粘り強い防御で明大の反撃を1トライに抑えて逃げ切った。