産経抄

11月20日

森友学園が設立を目指した「瑞穂の国記念小学院」=2020年1月29日、大阪府豊中市(入沢亮輔撮影)
森友学園が設立を目指した「瑞穂の国記念小学院」=2020年1月29日、大阪府豊中市(入沢亮輔撮影)

あの狂熱的な批判と追及の嵐はどこへ去ったのか。森友学園に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)をめぐり、新たな文書が開示されるたびに、マスコミや野党が、「主犯」扱いをしていた安倍晋三元首相への言及が消えていく。キツネにつままれたような気分である。

▼人事院は今月8日、文書改竄にかかわり自殺した近畿財務局元職員の公務災害認定の記録を、妻側に開示した。それによると元職員は国会議員からの資料要求や行政文書開示請求、マスコミ対応などに追われ、平成29年7月に鬱病と診断されている。

▼超過勤務が慢性化して精神面、肉体面の過重な負荷から自殺に至ったという。昨年10月に公開された元職員の元上司の証言と符合する。「少しでも野党から突っ込まれるようなことを消したいと(改竄を)やりました」「作業量を減らすためにやった」。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「厳冬期」を迎える中国経済

  2. 【浪速風】複雑怪奇な10万円給付

  3. 【産経抄】12月9日

  4. 【主張】外交ボイコット 首相は旗幟を鮮明にせよ

  5. 【主張】日大の再生 組織統治の欠如に猛省を

  6. 【正論】「科学技術安保政策」へ踏み出せ 元内閣官房副長官補同志社大特別客員教授・兼原信克

  7. 【直球&曲球】野口健 「富士山噴火」への備えを急げ

  8. 真珠湾攻撃80年 あの日と今日は地続きにある 論説委員長・乾正人

  9. 【産経抄】12月8日

  10. 【風を読む】武蔵野市長の透ける政治野心 論説副委員長・佐々木類