製糖工場で砲弾見つかる 爆発の危険なし、北海道

20日午前9時50分ごろ、北海道士別市西3条北の製糖工場で、運ばれてきた原料のビートを土や石などと仕分ける作業をしていた従業員が砲弾を見つけた。士別署の要請を受けた陸上自衛隊が爆発の恐れがないことを確認し、同日夕に回収した。

陸自によると、砲弾は長さ約20センチ、直径約8センチ。回収作業のため、工場内にいた従業員約300人などが避難したほか、周辺道路を規制した。