オリックスが逆転サヨナラで先勝 日本シリーズ開幕

9回、サヨナラ安打を放ったオリックス・吉田正尚=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)
9回、サヨナラ安打を放ったオリックス・吉田正尚=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)

プロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2021は20日、大阪市の京セラドーム大阪で開幕し、25年ぶりのパ・リーグ優勝を果たしたオリックスが6年ぶりにセ・リーグを制したヤクルトに4―3で逆転サヨナラ勝ちした。

史上初めて前年最下位チーム同士の顔合わせ。オリックスは1―3の九回に宗佑磨外野手の2点適時打と吉田正尚外野手の適時二塁打で試合をひっくり返した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初の日程より1週間遅れての開催。ワクチン接種済証などを活用した技術実証として、観客数上限となっている定員の50%を超える1万9297人の観衆を集めた。

オリックスは前身の阪急時代を含めて25年ぶり5度目、ヤクルトは20年ぶり6度目の日本一を目指す。