「元気をくれありがとう」  大谷の出身地・岩手、MVPに歓喜

エンゼルスの大谷翔平選手が米大リーグのア・リーグMVPに選ばれ、喜ぶ岩手県奥州市役所の職員ら=19日午前、岩手県奥州市
エンゼルスの大谷翔平選手が米大リーグのア・リーグMVPに選ばれ、喜ぶ岩手県奥州市役所の職員ら=19日午前、岩手県奥州市

「元気をくれてありがとう」「世界一の選手になって」。米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(27)の出身地・岩手や、渡米前に在籍したプロ野球日本ハムの地元北海道などでは、ア・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた瞬間、市民から喜びの声が上がり、さらなる飛躍へ期待が高まった。

エンゼルスの大谷翔平選手が米大リーグのア・リーグMVPに選ばれ、喜ぶ岩手県奥州市役所の職員ら=19日午前、岩手県奥州市
エンゼルスの大谷翔平選手が米大リーグのア・リーグMVPに選ばれ、喜ぶ岩手県奥州市役所の職員ら=19日午前、岩手県奥州市

出身地の岩手県奥州市では、市役所講堂に赤や白のエンゼルスのユニホームTシャツを着た職員ら150人以上が集まり、テレビ中継を見守った。受賞が決まると「わー! やった」と歓声が上がり、拍手をしたり、赤色のスティックバルーンを打ち鳴らしたりして祝福した。

小沢昌記市長は「こんなに良い日があるなんて」と大喜び。「われわれの元気、笑顔に大きく貢献してくれた。本当にありがとう。さらに目標に向かって努力し、結果を残す大谷選手を応援し続けよう」とあいさつした。

エンゼルスの大谷翔平選手が米大リーグのア・リーグMVPに選出され、横断幕を手に喜ぶ岩手県奥州市職員ら=19日午前、岩手県奥州市
エンゼルスの大谷翔平選手が米大リーグのア・リーグMVPに選出され、横断幕を手に喜ぶ岩手県奥州市職員ら=19日午前、岩手県奥州市