「支えてくれた人に感謝」「一人で寂しく」MVP大谷一問一答

MLNネットワークにリモートで出演し、コメントするエンゼルスの大谷翔平選手(写真はスクリーンショット)
MLNネットワークにリモートで出演し、コメントするエンゼルスの大谷翔平選手(写真はスクリーンショット)

米大リーグ、ア・リーグのMVPを満票で初受賞したエンゼルス・大谷翔平選手の一問一答は次の通り。(共同)

-―この栄誉の意味は

「すごくうれしい。投票してくれた記者のみなさん、チームメート、監督、コーチ、ファン、トレーナー、僕の手術をしてくれたお医者さん、支えてくれた人に感謝したい」

-―今シーズン、一番印象に残った瞬間は

「テレビで見ているような選手と一緒にやらせてもらえることはなかったので、オールスター戦はすごくいい経験になった」

-―投打の「二刀流」をやりたいという思いでメジャーに来た。MVP獲得は想像していたか

「もちろん取りたいなと思っていたけど、日本で最初に(二刀流を)やるってなったときより、米国に来たときの方が受け入れられる雰囲気があった。米国全体のファン、チームに感謝したい」

―-今季は投打の起用で制限がなくなった

「難しかったが、やりがいもあった。その信頼や使ってもらう期待に応えようと思い、毎日頑張ることができた」

―-満票での受賞をどう受け止めるか

「取ること自体初めてで特別。みなさんが1位に入れてくれたことがうれしくて、また来年頑張ろうという気持ちに、さらにさせてくれた」

-―MVPを祝う予定

「特にない。一人で寂しく過ごすと思う。また明日も(練習が)あるので早めに寝ると思う」

-―今季は「二刀流」を続けるラストチャンスという雰囲気もあったと

「100パーセント歓迎される雰囲気は、プロに入ってからもずっとなかった。常に批判的な言葉はあった。(二刀流で)頑張りたいなと思ってやってきた。反骨心みたいなものは正直なかった。純粋にどこまでうまくなれるかという思いで頑張れたのが良かった」

>大谷が満票でア・リーグMVP受賞 日本選手でイチロー以来2人目

>大谷翔平「二刀流」成功の背景 肉体とフォームの改造を分析

>【産経新聞PDF号外】大谷MVP 満票