岸田首相、大谷MVP選出に「大変な偉業、誇らしい」

エンゼルスの大谷翔平選手がMVPを受賞し記者団の取材に応じる岸田文雄首相=19日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
エンゼルスの大谷翔平選手がMVPを受賞し記者団の取材に応じる岸田文雄首相=19日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は19日午前、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(27)が、ア・リーグの今季最優秀選手(MVP)に満票で選出されたことを受けて「大変な偉業であり、国民として大変誇らしく思う」と述べた。官邸で記者団の質問に応じた。

首相は大谷選手に国民栄誉賞を授与する可能性に関し「祝いの気持ちをどのような形で示すのかについてはこれから考えてみたい」と語った。

また、バイデン米大統領が、来年2月の北京冬季五輪に首脳や政府使節団を送らない「外交的ボイコット」を示唆したことについて「それぞれの国でそれぞれの立場、考えがある。日本は日本の立場で物事を考えていきたい」と述べるにとどめた。

>大谷が満票でア・リーグMVP受賞 日本選手でイチロー以来2人目

>大谷翔平「二刀流」成功の背景 肉体とフォームの改造を分析

>【産経新聞PDF号外】大谷MVP 満票