岸田首相「経済安保は重要課題」 初の閣僚会合開催

第1回経済安全保障推進会議で発言する岸田文雄首相。右は小林鷹之経済安全保障担当相=19日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
第1回経済安全保障推進会議で発言する岸田文雄首相。右は小林鷹之経済安全保障担当相=19日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

政府は19日、岸田文雄首相を議長とする経済安全保障推進会議の初会合を開いた。首相は「経済安保は岸田内閣の重要課題だ」と強調した。来年の通常国会に提出を目指す経済安保推進法案策定に向けて作業を加速させる。米中ハイテク覇権争いの長期化に備え、体制を強化する。

首相は「わが国が目指す経済安保政策の大きな方向性」として、次の3つの柱を掲げた。サプライチェーン(供給網)の強靱(きょうじん)化や基幹インフラの信頼性の確保▽人工知能、量子技術などの重要技術をめぐる日本の優位性の確保▽基本的価値やルールに基づく国際秩序の維持・強化。

具体的には、先端技術の研究開発を資金支援し、半導体など戦略物資の供給網を拡充する制度を新たに設ける。情報通信などインフラ産業では、重要設備が安全保障上の懸念がある国に依存していないかどうか事前に審査する制度を作る。先端技術の国外流出を防ぐため特許の非公開化にも取り組む。

政府は内閣官房に経済安保法制準備室を設置し、法案準備のため有識者会議も新設する。

首相は関係閣僚に対し「それぞれが所管する基幹産業が抱えるリスクへの対応と脆弱(ぜいじゃく)性の点検、把握を不断に行うなど、必要な取り組みを強化してほしい」と指示した。