スーパー壁衝突事故 過去5年事故・違反なし 大阪府警

スーパーの側壁に突っ込んだ車を調べる大阪府警の捜査員ら=17日、大阪府大阪狭山市(須谷友郁撮影)
スーパーの側壁に突っ込んだ車を調べる大阪府警の捜査員ら=17日、大阪府大阪狭山市(須谷友郁撮影)

大阪府大阪狭山市のスーパー「コノミヤ狭山店」の店先で乗用車が暴走し、巻き込まれた3人が死傷した事故で、車を運転していた同市の無職、横山孝容疑者(89)=自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で逮捕=は少なくとも過去5年間、事故や違反歴がなかったことが19日、捜査関係者への取材で分かった。

75歳以上が免許を更新する際は記憶力や判断力を判定する「認知機能検査」を受ける必要があるが、横山容疑者は直近の検査で「問題なし」と判断されていたことも判明。一方で、横山容疑者は今年に入ってから、高齢を理由に運転免許の返納を検討していることを周囲に打ち明けていたという。大阪府警は横山容疑者の最近の運転状況に変化がなかったか、慎重に調べる。

府警は19日、容疑を過失致死傷に切り替えて横山容疑者を送検した。

事故は17日午後発生し、近くにいた同市の無職、岡田博行さん(87)が死亡、横山容疑者の妻(90)を含む女性2人が重傷を負った。横山容疑者は事故直前、スーパー近くで停車中だったが、「(その際)サイドブレーキをかけていなかった」と説明しているという。