IOCがアフガン当局者と会談 五輪憲章順守を確認

IOCのバッハ会長(AP=共同)
IOCのバッハ会長(AP=共同)

国際オリンピック委員会(IOC)は18日、イスラム主義組織タリバンが暫定政権を樹立したアフガニスタンのスポーツ当局者と会談し、全ての人が差別を受けることなくスポーツを行う権利をうたった五輪憲章の順守を確認したと発表した。

会合はカタール・オリンピック委員会の協力で同国首都のドーハで開かれた。IOCは「両者ともに話し合いは建設的だったと考え、今後も対話を続けていくことで合意した」と明らかにした。

IOCのバッハ会長は10月、政情不安のアフガニスタンからの、スポーツ関係者約300人の退避を支援したと述べた。(共同)