バイデン氏、北京五輪の外交的ボイコット「検討している」

北京オリンピックタワーの近くではためく中国の国旗(ロイター)
北京オリンピックタワーの近くではためく中国の国旗(ロイター)

バイデン米大統領は18日、来年2月の北京冬季五輪に首脳や政府使節団を送らない「外交的ボイコット」について、「検討している」と述べた。ホワイトハウスで記者団に語った。

米国では議会を中心に、中国による新疆ウイグル自治区での人権侵害や香港での民主派弾圧に抗議するため、外交的ボイコットに踏み切るべきだとの声が超党派で強まっている。

サキ大統領報道官は同日の記者会見で、「(五輪への)出席を判断する上で、新疆での人権侵害など考慮するべき要素が多くある」としつつも、バイデン氏はまだ最終決定に至っていないと強調した。

米紙ワシントン・ポストは16日、バイデン氏はすでに北京五輪を外交的にボイコットするべきだとの助言を受け、月内にもそれを承認する見通しだと報じていた。(ワシントン 大内清)