参院選へ課題は党勢と信頼の回復 立民代表選

立憲民主党代表選挙共同記者会見に臨む(左から)西村智奈美、泉健太、小川淳也、逢坂誠二各候補者=19日午後、東京都千代田区(矢島康弘撮影)
立憲民主党代表選挙共同記者会見に臨む(左から)西村智奈美、泉健太、小川淳也、逢坂誠二各候補者=19日午後、東京都千代田区(矢島康弘撮影)

立憲民主党の代表選が19日告示され、逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)の4人が立候補を届け出た。30日に投開票される。先の衆院選で議席を減らした責任を取って辞任した枝野幸男前代表の後任を決める選挙で、党勢回復の方策などが主な争点となる。

立候補を届け出た4人は出陣式に参加した後、党本部で共同記者会見に臨んだ。立民は先の衆院選で公示前の110議席から96議席に勢力を後退させており、新代表にとっては来夏の参院選を見据えた信頼回復が最優先課題となる。

逢坂氏は「具体的な地域課題を解決していく。『立民は信頼できる』『役に立つ』という積み上げによって党勢を拡大していきたい」と語った。

小川氏は「政権の受け皿として認知していただけるだけの期待感や魅力を総合的に増さなければならない」と述べ、代表選を通じて具体策を示す必要性があると訴えた。

泉氏は衆院選を振り返り、「消費税減税や手厚い分配策などを打ち出す時期も少し後れを取ってしまった。早めにわれわれが目指す姿を国民に明らかにし、届けるようにしたい」と述べた。

西村氏は「足腰が弱い部分がある。地域組織をしっかりつくっていくことだ。また、訴えが有権者に届いていなかった。もっとクリアに訴える必要がある」と反省点を口にした。