笹生は2打差6位、畑岡25位 米女子ゴルフ最終戦第1日

第1ラウンド、6アンダーで6位の笹生優花選手=ティブロンGC(共同)
第1ラウンド、6アンダーで6位の笹生優花選手=ティブロンGC(共同)

米女子ゴルフの今季最終戦、CMEツアー選手権は18日、フロリダ州ネープルズのティブロンGC(パー72)で第1ラウンドが行われ、初出場の笹生優花は1イーグル、6バーディー、1ダブルボギーの6アンダー、66で首位と2打差の6位と好発進した。畑岡奈紗は5バーディー、2ボギーの69で回り3アンダーで25位。

李晶恩(韓国)が8バーディーの8アンダーでトップ。1打差の2位に金世煐(韓国)、ミナ・ハリガエ(米国)ら4人がつけた。

60人が予選落ちなしで争い、優勝賞金は150万ドル(約1億7100万円)。

■笹生優花の話「10番で(ダブルボギーと)良くないミスをしてしまったが、待っていればバーディーはくると思った。巻き返しみたいな感じになって、本当にいい一日になった」

■畑岡奈紗の話「ちょっと伸ばしきれなかった気持ちの方が大きいが、まずまずのスタート。ティーショットは良いけれど、アイアンショットがまだ距離がうまく出せない。基本的なところをチェックしたい」(共同)