立民代表選告示、4氏の争いに 共産との関係焦点

立憲民主党代表選挙共同記者会見に臨む(左から)西村智奈美、泉健太、小川淳也、逢坂誠二各候補者=19日午後、東京都千代田区(矢島康弘撮影)
立憲民主党代表選挙共同記者会見に臨む(左から)西村智奈美、泉健太、小川淳也、逢坂誠二各候補者=19日午後、東京都千代田区(矢島康弘撮影)

立憲民主党の代表選が19日告示され、逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)の4人が立候補を届け出た。30日に投開票される。枝野幸男前代表が主導した共産党との連携の在り方や党勢回復の方策が主な争点だ。

逢坂氏は旧社会党系で党最大のグループ「サンクチュアリ」が擁立した。小川氏は出馬を模索した大串博志役員室長との一本化で推薦人を確保した。旧国民民主党出身の泉氏は自身のグループや小沢一郎衆院議員のグループが支持基盤。西村氏は菅直人元首相のグループが支持の中心だ。

代表選は国会議員140人に1人2ポイント、6人いる参院選公認予定者に1人1ポイントを与えた計286ポイントと、地方議員票、党員・協力党員票の各143ポイントを加えた計572ポイントを争う。過半数を獲得した候補がいなければ上位2人による決選投票となる。