大谷が満票でア・リーグMVP初受賞 日本選手でイチロー以来2人目

エンゼルスの大谷翔平選手(AP)
エンゼルスの大谷翔平選手(AP)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(27)が18日、ア・リーグの今季最優秀選手(MVP)に満票で初選出された。専門局MLBネットワークで午後6時(日本時間19日午前8時)からの番組内で発表された。日本選手の受賞は2001年のマリナーズのイチロー以来2人目。満票での選出は15年の当時ナショナルズのハーパー以来19人目。

大谷は選出直後に番組内で「すごくうれしい。投票してくれた記者の方や監督、ファン、手術してくれたお医者さんら、支えてくれた人に感謝したい。オールスター戦はいい経験になった。(MVPは)取りたいなと思っていた」などと喜びを語った。

メジャー4年目の大谷は今季から本格的な投打二刀流としてプレーし、投では23試合に先発し、130回⅓を投げて9勝2敗、防御率3・18、奪三振は156個。打では537打数138安打、打率2割5分7厘、100打点。本塁打はリーグ3位の46本。足でも魅せて三塁打はメジャートップタイの8本、盗塁は26個を数えた。元祖二刀流のベーブ・ルースの再来とも、それを上回るとも言われ、全米で注目された。

メジャーのMVPは両リーグとも、レギュラーシーズンの成績をもとに、全米野球記者協会所属(BBWAA)の各球団担当記者2人ずつ30人の投票によって選出される。投票用紙には10人を連記。1位だけが14点で以下は2位9点、3位8点…と1点ずつ減り10位1点で、その合計点で決まる。

大谷は投票した記者30人全員が1位の満票で420点を獲得。次位ブルージェイズのウラジミール・ゲレロ内野手(22)は269点、3番目ブルージェイズのマーカス・セミエン内野手(31)は232点だった。

ナ・リーグはフィリーズのブライス・ハーパー外野手(29)が348点を得て15年以来2度目の受賞を果たした。

>大谷翔平「二刀流」成功の背景 肉体とフォームの改造を分析

>MVP受賞「支えてくれた人に感謝」 大谷の一問一答

>【産経新聞PDF号外】大谷MVP 満票

>「野球の神様」ベーブ・ルースに匹敵 大谷、来季は上回る可能性