すり身や冷凍食品値上げへ 日本水産

日本水産の「ほしいぶんだけ ちくわの磯辺揚げ」
日本水産の「ほしいぶんだけ ちくわの磯辺揚げ」

日本水産は19日、原材料の高騰などに伴い、家庭用のすり身製品と冷凍食品の計113品を来年2月1日納品分から約4~13%値上げすると発表した。業務用の冷凍食品179品も約1~13%引き上げる。

家庭用で対象となるのは「ほしいぶんだけ ちくわの磯辺揚げ」や「わが家の麺自慢 ちゃんぽん」など。

日本水産によると、スケトウダラをはじめ白身魚は近年、欧米やアジアで需要が高まる一方、主要産地の北米では漁獲された魚の多くが小ぶりで、すり身などの価格が高騰。人件費や物流費も上昇しているという。