藤井四冠、王将挑戦決める 年度内5冠に挑む

王将リーグで近藤誠也七段を下し、渡辺明王将への挑戦権を獲得した藤井聡太四冠=19日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)
王将リーグで近藤誠也七段を下し、渡辺明王将への挑戦権を獲得した藤井聡太四冠=19日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太四冠(19)=棋聖・竜王・王位・叡王=は19日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第71期王将戦挑戦者決定リーグ(王将リーグ)で、後手の近藤誠也七段(25)に91手で勝ち、5戦全勝としてリーグ1位が確定し、24日の最終一斉対局を待たずに初の王将挑戦を決めた。

渡辺明王将(37)=名人・棋王=との七番勝負は来年1月開幕。藤井四冠は最年少での年度内5冠に挑む。

藤井四冠は今夏、ヒューリック杯棋聖戦、王位戦でそれぞれ初防衛に成功。9月に叡王初奪取、11月には竜王も初獲得し、10代初の4冠を達成した。

藤井四冠が王将戦で初の王将に就けば、大山康晴十五世名人、中原誠永世棋聖(74)、羽生善治九段(51)に次いで、4人目の5冠同時保持となる。

終局後、藤井四冠は「序盤の方針が分からず、少しずつミスをしたのが課題。王将に挑戦できることはうれしい。トップ棋士の中で結果を残せたのは励みになる」と語った。

王将戦は1次、2次予選をトーナメントで戦い、予選を勝ち上がった棋士とシード棋士の計7人が総当たりで王将リーグを行い、挑戦者を決める。