日大背任事件で井ノ口、籔本両被告が保釈

井ノ口忠男被告(右)と籔本雅巳被告(日大HPから)
井ノ口忠男被告(右)と籔本雅巳被告(日大HPから)

日本大学付属板橋病院をめぐる背任事件で、背任罪で起訴された日大元理事の井ノ口忠男被告(64)と大阪市の医療法人グループ「錦秀会(きんしゅうかい)」前理事長の籔本雅巳被告(61)の2人が19日夜、勾留先の東京拘置所から保釈された。

保釈保証金は井ノ口被告が計4千万円、籔本被告は計8千万円で、いずれも即日納付されていた。