森次官が竹島上陸で韓国に抗議

森健良外務事務次官
森健良外務事務次官

外務省の森健良事務次官は17日、米ワシントンで韓国外務省の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官と会談した。森氏は韓国の金昌龍(キム・チャンリョン)警察庁長官が16日に韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)に上陸したことについて「竹島問題に関するわが国の一貫した立場にかんがみ受け入れられない」と抗議した。

森氏はまた、日韓合意で解決済みのいわゆる徴用工にからむ訴訟や慰安婦訴訟問題に関し、「日韓関係は引き続き非常に厳しい状況にある」と指摘。韓国側に対し、国際法違反の状態解消に向け「適切な対応」を強く求めた。

一方、両氏は日韓関係を健全な関係に戻すため意思疎通を図ることを申し合わせた。北朝鮮問題については日韓、日米韓の協力が重要であるとの認識で一致。森氏は北朝鮮による拉致問題の解決に向けた韓国側の理解と協力を求め、崔氏はこれを支持した。