電動キックスケーターを飲酒し運転 五輪パラバイト書類送検へ

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

酒を飲んだ状態で電動キックスケーターを運転したとして、警視庁は18日、道交法違反(酒気帯び運転)などの疑いで、大阪市浪速区のアルバイトの男(25)を書類送検した。男は東京五輪・パラリンピックのアルバイトスタッフで、勤務後に酒を飲んでいた。「タクシー代を浮かせたかった」などと容疑を認めている。

捜査関係者によると、男は8月26日未明、東京都渋谷区内の都道で、酒気を帯びた状態で電動キックスケーターを運転した疑いが持たれている。

男は勤務後に渋谷区内で飲酒しており、宿泊先に戻るために電動キックスケーターを運転した。乗っていたのは当時国が行っていた、電動キックスケーターの規制緩和に向けた実証実験で貸し出された車両だったという。

運転中にスマートフォンを操作しながら走行し、信号待ちで停車中の救急車に衝突する事故を起こしたため、発覚した。事故によるけが人はいなかった。