軽石警戒、2島にフェンス 伊豆諸島、全島分を用意

伊豆諸島の式根島(東京都新島村)の近海に漂流していた軽石とみられるもの(新島村提供)
伊豆諸島の式根島(東京都新島村)の近海に漂流していた軽石とみられるもの(新島村提供)

東京都は18日、小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火による軽石の流入を警戒し、伊豆諸島の神津島(神津島村)と御蔵島(御蔵島村)で港の入り口にオイルフェンスを設置した。19日以降は伊豆諸島の南西側に位置する島に一定量の軽石が漂着すると予測されており、残る全島分も用意した。

都によると、18日午後は神津島で小型の漁船が停泊するエリアの入り口にオイルフェンスを約60メートルにわたって設置。潜水士が海中に潜って位置を調整し、30分ほどで完了した。御蔵島でも約40メートル分を張った。

設置中は漁船の出入りができなくなるが、軽石の漂着状況次第ではオイルフェンスを一時的に取り外せるように検討している。 2島では14日に岸壁や沖合で軽石が発見されたが、以降の目撃情報はない。都は今後、ドローンでの観測も視野に入れている。