現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

専守防衛から「戦略守勢」へ転換を 東洋学園大学客員教授・元空将 織田邦男

織田邦男氏
織田邦男氏

我が国の安全保障政策の基本に「専守防衛」がある。これは国際用語ではなく、国内で通用する政治的造語である。それだけに同床異夢が生じやすく、安全保障論議を稚拙なものにしてきた。未(いま)だに「一切攻撃しないで守りに徹する」と真顔で主張する政治家もいる。

危機管理で求められる牛刀

防衛白書は次のように説明する。「専守防衛とは、相手から武力攻撃を受けたときにはじめて防衛力を行使し、その態様も自衛のための必要最小限にとどめ、また、保持する防衛力も自衛のための必要最小限のものに限るなど、憲法の精神に則(のっと)った受動的な防衛戦略の姿勢をいう」

似た用語に「戦略守勢」がある。こちらは国際用語だが似て非なるものがある。武力攻撃を受けてはじめて立ち上がるのは同じだが、違うのは「必要最小限」でなく「合理的」であるところだ。

「鶏を割くに焉(いずく)んぞ牛刀を用いん」という故事がある。小さなことを処理するのに、大げさな手段を取る必要はないという喩(たと)えである。だが危機管理においては、「牛刀」が求められる。

ランキング

  1. 【産経抄】11月28日

  2. 【緯度経度】香港を震撼させた「国歌」演奏 藤本欣也

  3. 【多面鏡 事件・司法から今を読む】大麻取締法改正の動き 安易な「解禁論」を戒めよ 東京社会部長・酒井孝太郎

  4. 【主張】レーダー照射問題 尹政権も反日続けるのか

  5. 【大阪特派員】和食は「大阪料理」から始まった 山上直子

  6. 【浪速風】女神と仙女の覇権争い

  7. 【正論】坂本多加雄先生の没後20年に 学習院大学教授・井上寿一

  8. 【主張】ウェブテスト不正 「替え玉就活」は許されぬ

  9. 【新聞に喝!】半島有事、日米韓の「指揮権」議論を 日本大教授・小谷賢

  10. 【石原慎太郎 日本よ】三島由紀夫氏と一致した「自己犠牲の美徳」をあの男に見た

会員限定記事