「期待超える勝ち方を」防衛戦へ井上尚が意気込み

記者会見に出席したプロボクシングWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥
記者会見に出席したプロボクシングWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥

世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)が18日、東京都内で取材に応じ、IBF同級5位のアラン・ディパエン(タイ)との防衛戦(12月14日・両国国技館)に向け「皆さんの期待を超える勝ち方をしたい。実力差を見せて勝たなければいけない試合」と意気込みを語った。

この対戦はインターネットでの有料ライブ配信となり、その発表会見に出席した。井上尚は世界主要4団体の王座統一を目標に掲げており、来春の統一戦実現を目指している。「試合の感覚をつかむため、この時期に(試合を)お願いした。来年に向けて照準を合わせたい」と力を込めた。