「スピード感ある党改革示す」自民・茂木氏インタビュー

産経新聞のインタビューにこたえる茂木敏充幹事長=東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
産経新聞のインタビューにこたえる茂木敏充幹事長=東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

自民党の茂木敏充幹事長が産経新聞の単独インタビューに応じ、党改革や憲法改正議論の在り方などを語った。

--岸田文雄首相(党総裁)から幹事長就任を打診された際の指示は

「衆院選の翌日(1日)、『新型コロナウイルス禍からの回復のための経済対策を早急に取りまとめてほしい。党改革は具体的にスピード感を持ってやってほしい。選対委員長と連携して来年の参院選もお願いする』という話があった」

--今の自民党が抱える課題は

「国民との距離感を縮めていくことが重要だ。国民にどう見えていて、どう見てもらえるか。そのために党改革をしっかりと進めていく。首相も総裁選で党役員の任期制限を約束されており、こうした人事のあり方や政党ガバナンス(統治)など近代政党としてのルール作りを検討する」

「党改革実行本部は私が本部長を務める。早急に改革の方向性を打ち出す。来週にも第1回会合を開きたい。座長に上川陽子幹事長代理、事務局長に山下貴司元法相に就いてもらった。具体的な議論を進めたい」

「例えば、憲法、安全保障、経済、社会保障など、わが党にはさまざまな分野の専門家がおり、党員や国民とインターネットでの対話集会を開催し、その成果を政策に反映させていく。スピード感を持って、順次改革を実行に移すことで自民党は変わっているという姿を国民に示したい」

--憲法改正議論の進め方は

「党としての考えはまとまっている。今後、議論の主戦場は国会の場に移る。国民は憲法改正について一度も自ら判断した経験がなく、その機会(国民投票)を待っているのではないか。例えば、緊急事態はこれまで自然災害を想定していたと思うが、コロナ禍を経験してパンデミックも含めた緊急事態に対する切迫感が高まっている」