自宅放火し夫と子殺害疑い 妻を逮捕 千葉・旭

千葉市中央区の千葉県警本部(林修太郎撮影)
千葉市中央区の千葉県警本部(林修太郎撮影)

千葉県旭市三川の木造2階建て住宅で17日朝、2人が死亡する火災があり、県警旭署は18日、自宅に放火し2人を殺害したとして、殺人と現住建造物等放火の疑いで、この家に住む無職、大橋とし子容疑者(65)を逮捕した。県警は同日、死亡した2人を大橋容疑者の夫の無職、芳男さん(67)と息子の無職、芳人さん(32)と確認した。

署などによると、芳人さんは重度の障害があり寝たきり状態、芳男さんも脳卒中を患っていたという。出火直後に近隣住民から119番通報があり、約1時間後に火は消し止められた。大橋容疑者もけがを負ったが、命に別条はない。

逮捕容疑は17日午前6時半ごろ、何らかの方法で自宅に火を付け、2人を焼死させたとしている。

近所の70代女性は「逃げ出した母親がしゃがみ込み、『まだ息子が残っている』と叫んでいた」と火災直後の様子を明かした。