「政権の受け皿たる政党に」代表選立候補表明の小川淳也氏

記者会見で立憲民主党の代表選ヘの立候補を表明した小川淳也元総務政務官=18日午後、国会
記者会見で立憲民主党の代表選ヘの立候補を表明した小川淳也元総務政務官=18日午後、国会

立憲民主党の小川淳也元総務政務官(50)が18日、国会内で記者会見し、枝野幸男前代表の辞任に伴う代表選(19日告示、30日投開票)への立候補を表明した。代表選は泉健太政調会長(47)、逢坂誠二元首相補佐官(62)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)を加えた4氏の争いとなる公算が大きい。

小川氏は会見で「野党第一党を政権の受け皿たる政党に大きくしていく。微力ながら全力を尽くす決意だ」と語った。共産党を含む野党共闘の是非は「本当に複雑なパズルを解いていくことになる。簡単ではない」と述べるにとどめた。

小川氏は衆院香川1区選出で当選6回。所属する党内最大勢力で旧社会党系の「サンクチュアリ」が逢坂氏の擁立を決めたため、出馬に必要な国会議員20人の推薦人確保が焦点となっていた。出馬を模索していた大串博志党役員室長(56)が小川氏の支援に回る。