相葉雅紀ら“魂メンバー”主題歌初披露 「FNS歌謡祭」への出演も決定

ファイティングポーズを決める相葉雅紀(左から3人目)ら「VS魂」のメンバー(C)フジテレビ
ファイティングポーズを決める相葉雅紀(左から3人目)ら「VS魂」のメンバー(C)フジテレビ

キャプテンの相葉雅紀発案で始まった「VS魂」(木曜後7・0、フジテレビ系)の“主題歌プロジェクト”でこのほど、サンボマスターの山口隆書き下ろしによる主題歌「New Again! Again and Again!」が完成。18日放送の番組内で初公開された。

また相葉、キャプテン補佐の風間俊介をはじめ、佐藤勝利(Sexy Zone)、藤井流星(ジャニーズWEST)、岸優太(King&Prince)、浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)が、12月1日に生放送される「2021FNS歌謡祭」第1夜へ出演することも決定。魂メンバー6人が主題歌を生披露する。

10月にスタートしたプロジェクト。「この番組のテーマは“戦い”だし、視聴者の方たちも日々何かと戦っている。そんなみなさんを少しでも勇気づけることができたら」と語っていた相葉は、かねてから大ファンだというサンボマスターに曲作りを依頼していた。

主題歌は「何度でも新しくなれる」といった前向きなメッセージが込められており、まさに「全ての“戦う人”へ贈る応援歌」ともいうべき一曲に仕上がっている。

番組ではレコーディング風景や聴き終えた様子などが紹介され、メンバーは「めっちゃ、いい曲!」と感激しきり。「6人の声がいいバランス」(佐藤)、「どのグループの声に寄っているわけでもなく“この6人”の声になっている」(藤井)などとうれしそうだった。

音楽番組への出演については「18年ぶりくらい」と風間は一瞬戸惑い、浮所は「(ジャニーズ)Jr.で“FNS”に出た人って一人もいない…」と初出演に大喜びしながらも緊張の面持ちだった。

(産経デジタル)