ブログの差別投稿受け提訴 川崎の在日コリアン女性

差別的な内容のブログで精神的苦痛を受けたとして、川崎市の在日コリアン3世の崔江以子さん(48)は18日、ブログを書いた40代男性に計約300万円の損害賠償を求めて横浜地裁川崎支部に提訴した。市内で開いた記者会見で「私の存在を否定する言葉が野放しにされている。差別をしたら責任を取らなければならない」と涙ながらに訴えた。

訴状によると、男性は平成28年6月のブログで「さっさと祖国へ帰れ」と書き込んだほか、法務局の要請を受けたブログの管理会社が投稿を削除すると、同10月から令和2年10月までブログやツイッターで「被害者ヅラして差別の当たり屋をやってるな」と中傷を繰り返したとしている。

記者会見に同席した原告側弁護団は、投稿がヘイトスピーチに該当すると主張。21年に発信者情報開示手続きで男性を特定したといい、「投稿を抹消されたことに対する逆恨みと腹いせで投稿を続け、崔さんの名誉を傷つけた」と指摘した。