産経抄

11月18日

今月12日に85歳で亡くなった名監督、古葉竹識さんは、現役時代に大きな悔いを残している。「なぜ、よけられなかったのか」。広島カープに入団して6年目、打撃絶好調の古葉さんは首位打者のタイトルを目前にしていた。ライバルは「ミスタープロ野球」、巨人の長嶋茂雄さんである。

▼もっとも大洋戦の一球で暗転する。アゴに死球を受けて入院、結局残り試合には出場できなくなる。「また元気になって二人で争おう」。長嶋さんから電報が届いたが、その機会は二度と訪れなかった。翌年のシーズンに打席に立つと、内角球に対してどうしても腰が引けてしまう。

▼ただ古葉さんはあきらめなかった。少年時代「豆ジープ」とあだ名された俊足を生かして、盗塁王のタイトルを2度獲得する。この経験は、後の広島「赤ヘル軍団」の機動力野球につながっていく。まさに禍福はあざなえる縄の如(ごと)しである。昭和50年のシーズン途中から広島の監督に就任すると、球団創設26年目で初のリーグ優勝を成し遂げた。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「厳冬期」を迎える中国経済

  2. 【直球&曲球】野口健 「富士山噴火」への備えを急げ

  3. 【産経抄】12月9日

  4. 【主張】外交ボイコット 首相は旗幟を鮮明にせよ

  5. 【主張】日大の再生 組織統治の欠如に猛省を

  6. 【浪速風】複雑怪奇な10万円給付

  7. 【正論】「科学技術安保政策」へ踏み出せ 元内閣官房副長官補同志社大特別客員教授・兼原信克

  8. 真珠湾攻撃80年 あの日と今日は地続きにある 論説委員長・乾正人

  9. 【産経抄】12月8日

  10. 【風を読む】武蔵野市長の透ける政治野心 論説副委員長・佐々木類