大谷MVPで約252億円 経済効果、関大教授が試算

エンゼルスの大谷翔平(共同)
エンゼルスの大谷翔平(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平がア・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた場合、今後1年間の経済効果が251億9247万円に上るとの試算を18日、関西大の宮本勝浩名誉教授が発表した。同教授は「1人のスポーツ選手がもたらす経済効果としては空前の金額」と評した。

MVPの獲得により、エンゼルスの観客動員やグッズの売り上げ、スポンサー契約料、広告収入などが大幅に伸び、米国国内の経済効果は約174億円になると計算。日本国内でも多くの応援ツアー客が訪米し、大谷のCMやメディアへの出演料が増加するなど経済効果は約77億円とした。