韓国、コロナ禍で大学入試 感染者数は過去最多更新

18日、韓国の大学修学能力試験で、防護服をきた先生に誘導され会場に入る受験生 =ソウル(代表撮影、ロイター)
18日、韓国の大学修学能力試験で、防護服をきた先生に誘導され会場に入る受験生 =ソウル(代表撮影、ロイター)

【ソウル=時吉達也】厳しい受験戦争で知られる韓国で18日、日本の大学入学共通テストに相当する大学修学能力試験が実施された。1日あたりの新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多を更新するなど感染が再び広がる中、受験中に高性能マスクの着用を義務付けるなどの対策が取られた。

昨年は新型コロナの影響で試験が2週間延期されたが、今年は予定通り実施され、約51万人が受験した。コロナ感染者や隔離対象者は、病院などに設置された別会場で試験に臨んだ。

同試験は国を挙げての一大行事とされ、英語のリスニング試験の妨げにならないよう航空機の運航も制限される。試験に遅れそうになった受験生を警察が送り届ける恒例の光景も見られた。

一方、防疫当局が18日に発表した新型コロナの17日の新規感染者数は3292人で、約2カ月ぶりに過去最多を更新した。今月1日の防疫規制緩和後、急増している重症患者は前日に続いて医療態勢を維持できる上限とされた500人を超え、506人を記録した。

事態の悪化を受け、文在寅(ムンジェイン)大統領は18日、「病床の確保に支障が生じないよう、特に努力してほしい」と指示した。