希少ワニ骨格標本密輸疑い 通販会社代表の男逮捕

押収されたミシシッピワニの骨格標本=18日午前、警視庁中央署
押収されたミシシッピワニの骨格標本=18日午前、警視庁中央署

ワシントン条約で国際取引が規制されている希少なワニ「ミシシッピワニ」の骨格標本を密輸入したとして、警視庁生活環境課と中央署などは外為法違反と関税法違反の疑いで、骨格標本の販売などを手掛ける「コアボックス」代表取締役、柴垣幸弘容疑者(57)=名古屋市北区池花町=を逮捕し、法人としての同社を書類送検した。柴垣容疑者は「売り上げを上げたかった」などと容疑を認めている。

逮捕、書類送検容疑は昨年2月、経済産業相の承認を受けず、ミシシッピワニの骨格標本1体を「オモチャ、フィギア、動物パーツセット」と偽り密輸入したとしている。

生活環境課によると、ミシシッピワニは米国南東部の河川などに生息するワニで、体長は約3~4メートル。骨格標本も含め、海外への輸出は厳しく規制されている。柴垣容疑者は米国在住の知人に骨格標本を購入させ、別の箱に移し替えて輸入していた。輸入後は約100万円で客に販売したという。

他にも柴垣容疑者はこの知人を通じ、平成29年3月から今年6月にかけ、ワニの標本など100点以上、約300万円分を輸入していた。別事件の捜査中に密輸入が発覚したという。