首相、麻生氏らと会談 臨時国会対応協議か

出邸する岸田文雄首相=18日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
出邸する岸田文雄首相=18日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相(自民党総裁)は18日、党本部で麻生太郎副総裁、茂木敏充幹事長と会談した。12月召集予定の臨時国会への対応や19日に閣議決定する経済対策などについて協議したとみられる。

臨時国会では、新型コロナウイルス対応や格差是正を含む経済対策を盛り込んだ令和3年度補正予算の早期成立が最優先課題となる。円滑な国会運営に向けた方策を協議した可能性がある。

会談後、茂木氏は旧竹下派会合で3年度補正予算の規模に関し「真水」と呼ばれる国の財政支出ベースで「30兆円を超えることが大きなメッセージになる」と述べた。3氏は16日にも党本部で会談している。