山梨県富士川町長ら逮捕 官製談合疑い

富士川町役場に家宅捜索に入る山梨県警の捜査員=17日、山梨県富士川町(平尾孝撮影)
富士川町役場に家宅捜索に入る山梨県警の捜査員=17日、山梨県富士川町(平尾孝撮影)

山梨県富士川町が発注した農業体験施設の設計業務に関する指名競争入札で参加業者を漏らしたとして、山梨県警は17日、官製談合防止法違反などの疑いで、同町最勝寺、町長の志村学容疑者(71)を逮捕、同県笛吹市石和町下平井の設計事務所の元経営者、小林一容疑者(72)を再逮捕した。

2人の逮捕容疑は共謀し、今年3月、翌月に控えた入札で小林容疑者の事務所に落札させようと考え、志村容疑者が談合に応じる別の5社を選び、小林容疑者に教えたとしている。

小林容疑者は、同県市川三郷町の町長が逮捕された官製談合防止法違反事件でも、9月と10月に逮捕されていた。