NY株反発、54ドル高 消費堅調で景気回復期待

米ニューヨーク証券取引所(AP)
米ニューヨーク証券取引所(AP)

16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比54・77ドル高の3万6142・22ドルで取引を終えた。朝方発表された10月の米小売売上高が市場予想を上回り、米景気回復の加速を期待した買い注文が優勢となった。

大幅な物価上昇が続いている中でも消費意欲が旺盛なのが示され、消費関連銘柄に買いが入った。16日発表された決算が市場予想を上回った住宅用品販売のホーム・デポが大きく上昇し、相場を押し上げた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も反発し、120・01ポイント高の1万5973・86。

その他の個別銘柄では、スポーツ用品のナイキやクレジットカードのビザの上昇が目立った。一方、航空機のボーイングは売られた。(共同)