官房長官「日米の意思表示」 南シナ海、対潜水艦共同訓練初実施

会見する松野博一官房長官=17日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
会見する松野博一官房長官=17日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は17日の記者会見で、海上自衛隊と米海軍が南シナ海で16日に初めて実施した対潜水艦戦の共同訓練に関し「地域の平和と安定に向けた、日米の一致した意思や能力を示した」と意義を語った。

引き続き南シナ海などでの共同訓練を積み重ねて、日米同盟の抑止力強化に努める方針も強調。「自由で開かれたインド太平洋の維持、強化に貢献したい」と述べた。

共同訓練は、南シナ海の領有権主張を強める中国を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。